免許の取得には免許合宿

  • 免許合宿で大事とされる後に引きずらないメンタル

    • 以前の教習所の指導は厳しいものが多く、そうしたイメージが教習所などへの苦手意識につながっている人が結構多いです。

      教習所の教官のイメージもいまだに怖いものとして認識されています。免許合宿でも基本的にはこうした人が多いことを想定しておく必要があります。

      以前に比べれば優しい人も増えていますが、昔ながらの教官はやはり厳しいです。


      また嫌味を言い続ける人がいるなど、真に受けていたらメンタルがやられてしまいます。

      しかも免許合宿は半月程度断続的に続くため、メンタルが傷つくと大変です。

      免許合宿の情報を求める人におすすめです。

      だからこそ後に引きずらないスタイルが必要です。
      免許合宿で教官とケンカしてしまう人がいますが、得になることは何もありません。逆に教官から周囲の教官に対してネガティブな印象が伝わるだけです。またそのようなことをする受講者は多く、教官自体は何も感じていません。


      だからこそ何か嫌なことがあったとしても、それに惑わされずに虫の居所が悪いのだろうぐらいに受け流してしまうのが1番です。


      そして教官に文句を言われないようにスキルを高めて、相手から褒められてもそれをも受け流すぐらいのメンタルが必要です。

      実技教習は何時間もあるため、どこかでつまずくと後々に影響を与えます。



      失敗してもそれはそれとして切り替えることで後々に影響を与えなくなります。
      時間はあっさりと過ぎ、いつの間にか卒業の時期を迎えます。

      後で笑い飛ばせるように、教官から浴びせられた言葉を覚えてネタにするぐらいの図太さが必要です。