専門家が選ぶ水漏れ修理業者

トイレのつまりトラブルを自分で直す

トイレでつまりトラブルが発生した時に、まず最初に考えるのが自力で直せるのか、それとも業者に依頼するべきかという点です。自力で直せる主な症状を知っておけば、発生した時にすぐに判断がつきますので、主なパターンを覚えておきましょう。簡単に述べると、つまりの原因がトイレットペーパーならトラブルを解消できる可能性大です。トイレットペーパー以外のトラブルは自力で直そうとすることでかえって悪化する恐れがあるため、下手に手を加えずに修理依頼するのが安心です。

つまりの程度に関しては、時間がかかってもゆっくりと水が引いていくケースではまだ水の通り道が確保されていて、ちょっとした修理で直せる可能性があります。逆に全く流れなくてずっと留まっている時には、既に流れる隙間も無くなっていて改善できる可能性は低いと言えます。判断材料はこれくらいですが、分からない時には実際の修理を依頼するかは別にしても専門の業者に相談すると良いかもしれません。原因を特定してもらえば、自力でできるかも判断しやすくなります。

作業を行う前には止水栓を閉めましょう。多めの水を流すと良くなることが多いので、バケツにくんだ水を流してみる方法がお勧めです。食品等を流している人は、油が落ちるようにお湯を流すのも一つの方法です。油によるつまりはお湯でないと流れませんので、お湯を使って水位が正常に保たれるようになるまで繰り返します。

優れた洗浄力を持つ重曹やクエン酸も流れを良くするのに最適です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *