専門家が選ぶ水漏れ修理業者

トイレのつまりトラブルの原因と注意点

トイレは毎日何度も使用するものですから、いつも清潔で気持ちよく使いたいものです。しかし、使う頻度が増えれば増えるほど、トラブルも増加するものです。トイレトラブルで時々発生するのが「つまり」です。これはどのような家でも発生する可能性があり、築年数が新しいとか古いとかはあまり関係がありません。

むしろ、新しい家で多い節水型のトイレのほうが、古いタイプのトイレよりも「つまり」が発生しやすい傾向があります。「つまり」を引き起こす原因として多いのが、大量のトイレットペーパーを一度に流そうとしたときです。さらに大便が栓をする形になり、水が流れていかなくなってしまうのです。トイレットペーパーが徐々に水に溶けますので、しばらく時間が経ってからもう一度水を流してみると、流れていくことが多いです。

次に、トイレットペーパー以外の物を流してしまったときです。流せるトイレ掃除のペーパーでも、1回につき1枚であれば問題ありませんが、数枚立て続けに流そうとすれば、「つまり」の原因となってしまいかねません。また、赤ちゃんのおむつやナプキンを流そうとしてつまらせてしまうこともあります。常識的に考えればわかりそうなものなのですが、後先のことを考えず流してしまう人がいるようです。

ちなみに、ティッシュペーパーも水に溶けませんので、流すのは基本的にNGです。1~2枚程度であれば問題はないかもしれませんが、何枚も流し続ければやはりトラブルの元です。つまりのトラブルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *