専門家が選ぶ水漏れ修理業者

トイレの凍結防止をして無駄な修理や水漏れを防ぐ

北海道や東北地方などの寒冷地では、トイレで凍結トラブルが起きる可能性があります。

これら以外の地域でも、場所や気候によってはトイレの凍結トラブルが起きるかもしれません。タンク内や便器の中・水道管などに溜まっている水が凍ってしまうと、膨張して設備が壊れてしまう危険があり、そうなると便器をすべて交換修理しなければいけなくなったり、多額の修理費用を支払うはめになったりるす事があります。また設備が破損すると、水漏れが発生してしまうことも考えられます。トイレの凍結トラブルを防ぐためには、水抜きをしておくのが有効です。特に厳寒期の夜間などは水抜きをしておくと凍結を回避できるでしょう。旅行などで冬季に家を長期間空けるときにも水抜きをしておくと安心かもしれません。

旅行から帰ってきたら凍結で破損して水漏れが発生していたなんてことになったら、旅の余韻にひたることもできません。とにかく備えあれば憂えなしです。水抜きの方法は何も難しいことはありません。トイレの止水栓を止めて給水されないようにし、その上で普通にトイレの水を流してやればいいだけです。水抜きをする際に注意したいのは、必ず止水栓を止めてから行うということです。そうしないと、流しても新たな水が給水されて水が無駄になります。便器内に溜まっている水に対しては、専用の不凍液を利用するといいでしょう。このような対策をしておけば、凍結による破損を防止でき水漏れ被害も起きませんし、無駄な修理をしなくて済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *