専門家が選ぶ水漏れ修理業者

よく起きるトイレ修理の原因水漏れ

水回りのトラブルで起きやすいものにトイレ修理があって、水漏れは老朽化してくるとどこの家庭でも起きる可能性があります。

タンクがある場合、つながっている給水管の継ぎ手やゴムパッキン、中に入っているボールタップやオーバーフロー管、そしてフロートバルブや排水弁などの劣化が原因となって起こりやすいです。便器内への水の流入が止まらないという場合は、タンク内のトラブルと考えて問題ありません。床が濡れているという場合は、給水管の可能性が高くなります。トイレ修理の水漏れで厄介なのは、温水洗浄便座から漏れている場合です。簡単な部品の交換で済む場合がありますが、基盤が壊れて作動しない状態になってしまっているなら、メーカーに依頼しないと直らない可能性があります。

直接メーカーに連絡をとってもいいですが、設置工事をしてくれた会社に連絡して一度見てもらってからメーカーに頼んでもらうという方法もあります。温水洗浄便座は通電しているため、故障が判明した時点でプラグを抜き漏電を防ぐことが大切です。トラブルが起きたとき、トイレ修理の水漏れは早期に対応しないと、水を無駄にして水道料金が高くなってしまう恐れがあります。緊急対応を24時間行っている水回りの専門会社が多くなっていますが、早朝や夜あるいは土日祝日などに頼むと請求額が高額になるところも多いので注意が必要です。目安の料金が安く設定されていても、現場ごとに原因や使用する部品に作業時間も異なるのですから、その通りの金額では済まない場合があります。高額になる場合は、前もって伝えてもらうようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *