専門家が選ぶ水漏れ修理業者

トイレの水漏れ修理をするときのチェックポイント

家族の人数や使用頻度にもよりますが、トイレの耐用年数は7年から10年程度と言われています。

10年を超えても使用している家庭は多いのですが、10年以上使用しているトイレは水漏れなどの故障が増えてきます。水漏れを起こす場所で多いのが、タンクから便器への水漏れで、水が流れて続けてしまうことがあります。便器に水が流れ続けてしまう症状に気付いたときには、まずはタンク内をチェックして、フロートや止水栓が正し位置にあるかどうかを確認しましょう。フロートの方向がずれていたり、フロートや止水栓がチェーンに絡んでいるというトラブルは比較的よくあります。

ただし位置に治すだけで修理をすることができる場合が多いので、最初にチェックすることがおすすめです。フロートや止水栓をチェックして、正しい位置にしても水が漏れてくる、タンクへの給水管や便器からの排水管から水漏れしている、便器にひびなどが入っている場合には、業者に修理を依頼することが必要です。また暖房便座やウォッシュレットなどが故障している場合も、自分で修理をすることは難しいので、被害が広がる前に業者に修理を依頼しましょう。

トイレの水漏れは、耐用年数を過ぎている場合、故障している個所を直しても、他の部分が故障するリスクがあります。最近では節水タイプで節約ができるトイレも増えてきており、価格も手ごろになってきています。耐用年数を過ぎている場合には、修理の見積もりを取るときに交換の見積もりも一緒に取り、コストパフォーマンスを考えて検討することがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *