専門家が選ぶ水漏れ修理業者

トイレの水漏れ修理について

トイレの水漏れトラブルでダントツに多いのが給水管です。

給水管は比較的構造が単純にできているものが多いので、水道会社に依頼しなくても自分で修理しやすい場所になります。給水管からの水漏れの原因は、給水管に付いているナットやパッキンといった部品の緩みが主になります。自分で給水管の修理をする時は、まずトイレの中にある止水栓や家の外にある元栓を止めてから行うことがポイントです。止水栓を止めずに作業を始めると、水漏れの被害が進む他、マンションの場合は下の階の住人にも迷惑をかけることになるので注意が必要です。止水栓は、マイナスドライバーのような形状の道具を使えば簡単に止めることができます。

万が一、トイレの止水栓が止められなかった場合は、家の外に設置してある元栓を止めると家全体の水道を止めることができます。止水栓を止め水の流れが止まったことを確認したら、給水管の修理作業に入ります。まず、タンクと給水管の接合部をつなぐナットを緩めていきます。この作業の注意点として、ナットを緩めた際にボールタップの位置が変わる恐れがあるので、よく確認しながら作業をすることが大切です。他に人手があればボールタップを支えてもらうか、自分でボールタップが動かないように調節しながら行うとスムーズに作業できます。次に、劣化したパッキンの交換になります。パッキンの交換時の注意点としては、きちんと大きさを測り、同じ大きさのパッキンを用意することが大切です。

パッキンが大きすぎたり小さすぎたりすると、新たな水漏れの原因ともなるので注意が必要です。パッキンは、インターネットやホームセンターなどで簡単に購入することができます。パッキンの交換が終わったら、ナットを締めて作業終了です。この後、止水栓を開けて水漏れが改善していないようなら、原因が他にあるため水道会社に修理を依頼する必要があります。トイレの水漏れトラブルでダントツに多いのが給水管です。給水管は比較的構造が単純にできているものが多いので、水道会社に依頼しなくても自分で修理しやすい場所になります。

給水管からの水漏れの原因は、給水管に付いているナットやパッキンといった部品の緩みが主になります。自分で給水管の修理をする時は、まずトイレの中にある止水栓や家の外にある元栓を止めてから行うことがポイントです。止水栓を止めずに作業を始めると、水漏れの被害が進む他、マンションの場合は下の階の住人にも迷惑をかけることになるので注意が必要です。止水栓は、マイナスドライバーのような形状の道具を使えば簡単に止めることができます。万が一、トイレの止水栓が止められなかった場合は、家の外に設置してある元栓を止めると家全体の水道を止めることができます。止水栓を止め水の流れが止まったことを確認したら、給水管の修理作業に入ります。

まず、タンクと給水管の接合部をつなぐナットを緩めていきます。この作業の注意点として、ナットを緩めた際にボールタップの位置が変わる恐れがあるので、よく確認しながら作業をすることが大切です。他に人手があればボールタップを支えてもらうか、自分でボールタップが動かないように調節しながら行うとスムーズに作業できます。次に、劣化したパッキンの交換になります。パッキンの交換時の注意点としては、きちんと大きさを測り、同じ大きさのパッキンを用意することが大切です。

パッキンが大きすぎたり小さすぎたりすると、新たな水漏れの原因ともなるので注意が必要です。パッキンは、インターネットやホームセンターなどで簡単に購入することができます。パッキンの交換が終わったら、ナットを締めて作業終了です。この後、止水栓を開けて水漏れが改善していないようなら、原因が他にあるため水道会社に修理を依頼する必要があります。
トイレの水漏れ修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *