0歳児コースの幼児教室で使用している教材とは?

まだ何もできない赤ちゃんだと思っていても、0歳児の脳の中では1日あたり約30万個という勢いで脳細胞が増殖しています。

このように飛躍的に脳が発達する0歳児の頃に、効果的な取り組みを行ってくれる幼児教室に通うことは有効であるといえます。またこの頃に培われた知性や感性は、生きていく上での土台となるので非常に重要です。幼児教室で見る・聞く・触るなどの基本的な体験をすることによって、様々な能力の芽を伸ばし、赤ちゃんの自我を形成させるようにしましょう。

赤ちゃんは何でもやってみたいと思いますし、興味のあるモノに対しては集中力を発揮するので、様々なことを経験させることが大切です。幼児教室の中には、毎月一つのことをじっくりと取り組ませる方式をとっているところがあります。そこではひと月ごとに生活や感覚、手の巧緻性などとテーマを決めて、カリキュラムを実践しています。具体的にどのようなことを行っているかというと、感覚がテーマの時は、冷たいものや暖かいもの、ざらざらしたものやつるつるしたものを実際に触らせて授業を展開していきます。

0歳児コースの幼児教室では、オリジナルの教材を使用しているところが多いです。赤ちゃんが使うことを考慮しているので、安全な布やラバーを使用して教材を作成します。赤ちゃんが集中して遊べるように、布で作られた仕掛け絵本なども作成することがあります。他にもシロホンと呼ばれる楽器やクレヨンを活用してレッスンを行っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *