0歳の幼児教室は保護者とのふれあいが中心

都心を中心に日本全国には、子供から大人向けのスクールが沢山あります。

中でも、未就学児が通うスクールは幼児教室と呼ばれています。幼児教室というと、勉強や習い事を連想する方も多いですが年齢が低い場合は必ずしも勉強が主流というわけではありません。通い始める年齢は様々ですが、中には0歳で幼児教室に通い始める子供もいます。0歳だと、当然のことながら言葉を喋ったり理解することはできません。ペンを持って文字を読み書きするということも、赤ちゃんである0歳には不可能なことです。

赤ちゃんの幼児教室では、主に音楽や体操を楽しむというのが一般的です。もう少し大きくなると、ダンスを楽しむということもありますが赤ちゃんの場合は手足をバタバタさせる程度といっても良いでしょう。赤ちゃんは一人で通ったり、レッスンを受けることはできません。必ず保護者が教室まで連れて行き、レッスンを一緒に受けるというのが一般的なスタイルです。

0歳むけのクラスだと、保護者とスキンシップをはかることが中心になっています。カーペットのある柔らかいフロアで、赤ちゃんに話しかけてあげたり抱っこしてあげたりというような感じです。0歳の幼児教室は、赤ちゃんに程よい刺激を与えてあげるのと保護者の方が子育てを学ぶ場の両方の役割があります。1週間に一度程度でも、保護者にとっては息抜きになることもあります。じっくり遊んであげられるので、赤ちゃんにとってもよい環境です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *