ベビーシッター保育時のカメラ設置

子供をベビーシッターに預けたいと思っていても、窃盗や暴力などいろいろなトラブルがニュースでも話題になっていますので、怖いと考える人もいるでしょう。

自宅に来てもらって保育してもらうことになりますので、何か物がなくなってしまったとか、子供にあざが出来てしまっているといったことになった時に、ベビーシッターを疑ってしまうことになります。中にはそういった問題のあるベビーシッターもいますが、心から子供が大好きでベビーシッターの仕事をしている人もいます。

善意のあるベビーシッターに依頼をして、子育ての手伝いをしてもらいたいものですが、どうしても不安ということなのであれば、部屋の中にカメラを設置するようにして行動を把握するようにしてもいいでしょう。もちろんカメラを設置することは、事前に相手に話しておくのがマナーですので事前に伝えておくことです。カメラを設置することで、誤解を防ぐこともできますし、トラブルを防止していく事につながります。

カメラがあることによって、預けている間の子供の様子を把握することもできますし、より丁寧に保育しようと思ってもらえるようになります。出来るだけ様子を把握するためにも、保育してもらう部屋は一部屋だけにしておいた方がいいでしょう。カメラがない部屋で長時間過ごされてしまうと、その間にどんな様子なのかを知ることが出来ませんので、カメラを設置している部屋以外では保育してもらわないようにすることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *